治療法と歴史

看護師

知名度の高い病気である「睡眠時無呼吸症候群」。主な治療法は「CPAP」です。保険が適応されているため、経済的に負担がかかることなく治療することができます。ここでは睡眠時無呼吸症候群の治療法、歴史についてご紹介しています。

詳細を確認する

どんな病気なのか

病院

睡眠時に呼吸が停止したり、弱い呼吸になったりする病気を、「睡眠時無呼吸症候群」といいます。主な原因は肥満です。ここでは睡眠時無呼吸症候群の症状や原因、治療法などについてまとめています。

詳細を確認する

治療について

女性

睡眠時に起こる症状のひとつとして挙げられる「無呼吸症候群」。これにより、頭痛や呼吸停止など様々な問題が発生することがあります。内科などを利用し、治療を行います。

詳細を確認する

健康食品で栄養補給

子宮内膜症は漢方で治療することが可能ですよ!こちらでおすすめの漢方や漢方薬局を紹介しているのでご覧ください!

中性脂肪を下げる健康食品が生活に取り入れられていくと予想されます

女性

血液中の中性脂肪が異常に増えてしまうのが高脂血症です。これは健康診断などを通して発見されるケースが多く、これといった自覚症状がないまま進行してしまうこともあります。血液中に脂肪が増えると血液の流れが悪くなり、血栓などが出来やすくなります。高脂血症の症状と共にコレステロール値にも異常が見られる場合には、動脈硬化への道を一気に進んでしまうことがあるのです。こうしたことから、現在では中性脂肪を下げる効果のある成分に注目が集まっています。特に魚由来の成分は人気が高くサプリメントなどにも豊富に取り入れられているのです。今後はこのような商品を利用して普段の生活の中から高脂血症の症状を改善する取り組みがされていくと予想されます。

妊娠中は成分に特に気を配りましょう

高脂血症の症状改善に利用されている健康食品の中には、様々な魚から抽出した成分が多く使用されています。中でも最近特に注目を集めているのが、鮫から抽出した肝油です。この鮫の肝油には、高脂血症の改善を始めとしてあらゆる健康効果が期待されており、がんの進行を食い止めるためにも利用されています。この鮫の肝油には、がんが新しい血管を作るのを抑える働きがあるとされているのです。ですが、このような作用は、健康状態によっては体に悪影響を与えることがあります。例えば妊娠中の場合には胎児の発育への影響が懸念されるのです。こうしたことから、鮫の肝油などを使用した健康食品を使用する際には、妊娠中は避けるなどの工夫が必要になります。健康食品の中には未だ解明されていない作用もあるため、慎重に用いることが大切になるのです。